On the Table - 食卓を楽しく、豊かに彩るスタイルをご提案

  • 日本酒
  • 本格焼酎
  • ワイン・シードル
  • ビール
  • ウィスキー・ブランデー
  • スピリッツ・リキュール
ポール・ジロー スパークリング グレープ ジュース2018 750ml
ヴィノ デラ パーチェ 2012 750ml
季の美 オールドトムジン 45°700ml
HOME > ソムリエ店長青田〈大人のたしなみ手帳〉 > #015 失敗しないスパークリングワインの選び方
ソムリエ店長青田〈大人のたしなみ手帳〉 WEB MAGAGINE

#0152018.12.5up

失敗しないスパークリングワインの選び方

失敗しないスパークリングワインの選び方

忘年会やクリスマス、お正月に新年会… 華やかなひとときを美味しく盛り上げてくれるのが、シュワッと黄金色に輝くお酒「スパークリングワイン」です。年末になると酒屋などでもスパークリングワインのコーナーが一気に充実してきますが、その中から自分の好みに合った美味しい1本を見つけるには、どうすれば良いのでしょうか?

製法の違いが、味わいを大きく左右します

スパークリングワインの呼び名については各国それぞれのルールがあって、正直すべて覚えるのは大変です。でも、スパークリングワインを選ぶ際に、これだけは押さえておきたいポイントとしてあるのが“製法の違い”です。スパークリングワインの製法は、「トラディショナル方式」「シャルマ方式」「炭酸ガス注入方式」の大きく3つに分けられ、この製法の違いが明確な味わいの差になりますので、ぜひ覚えておきましょう。

トラディショナル方式は、瓶に詰めたスティルワインに糖分と酵母を加えて瓶内で二次発酵させる伝統的な製法です。発酵後も熟成させたり澱を取り除いたりといった作業が必要で、手間もコストもかかりますが、その分繊細で美しい泡立ちが特徴です。別名シャンパーニュ方式とも呼ばれていることからもわかるように、最高級スパークリングワインの代名詞であるシャンパーニュはこの製法で作られています。シャンパーニュの場合、製法以外にも生産地域やブドウの品種など様々な厳しい条件を満たす必要があるため価格も高くなっているのです。価格的にはシャンパーニュほど高くなくても、同じトラディショナル方式で作られているスパークリングワインとして知られているのが、フランスのクレマン、イタリアのフランチャコルタ、スペインのカヴァなど。これらの名前は覚えていて損はありません。

シャンパンを熟成している

シャルマ方式は、スティルワインを瓶に詰めずにステンレスの大きなタンクに密閉して発酵を行なう製法です。短期間に一定量のスパークリングワインを製造できるため、トラディショナル方式に比べてコストや手間を抑えることができ、管理しやすいのがメリット。また、製造過程でワインが空気に接触しないので、ブドウのアロマを残したフレッシュな発泡性ワインを造る場合に採用されます。特に日本やオーストラリア、チリ、ニュージーランドでは多く用いられる製法です。

炭酸ガス注入方式は、読んで字のごとく、瓶に入れたスティルワインに炭酸ガスを注入して、人工的にスパークリングワインを造る製法です。大量消費用のスパークリングワインの製法として利用されています。

味選びのヒントはラベルにあり

辛口が好きな人と、少し甘めを好む人がいると思いますが、味を選ぶヒントはラベルにあります。味わいについては主に6段階の表記法があり、例えばかなり辛口の場合は「Brut」、中辛口は「Sec」、やや甘口は「Demi-Sec」と表記されているので、ぜひラベルをチェックしてみてください。

  • Extra Brut(エクストラ・ブリュット)=極極辛口
  • Brut(ブリュット)=極辛口
  • Extra Dry(エクストラ・ドライ)=辛口
  • Sec(セック)=中辛口
  • Demi-Sec(ドゥミ・セック)=中甘口
  • Doux(ドゥー)=甘口

この商品は「BRUT」ですので、極辛口ですね。この商品は「BRUT」ですので、極辛口ですね。

ソムリエ店長青田の、ベストバイ4本!

[左]テタンジェ ブリュット レゼルヴ[右]エレタット エルパドルウェル カヴァ ブリュット[左]テタンジェ ブリュット レゼルヴ[右]エレタット エルパドルウェル カヴァ ブリュット

とにかく間違いなく美味しい1本なら、写真左の「テタンジェ」はいかがでしょうか? シャンパーニュらしいエレガントさは持ち合わせていながら、シャルドネの割合が高いのでシャンパーニュ特有のクセが少なく、誰が飲んでも「美味しい!」と思える味に仕上がっていると思います。1000円代で美味しいものを探しているなら、スペインのカヴァの中から選ぶがおすすめです。なかでも私のイチオシは写真右の「エレタット カヴァ」。シャンパーニュと同じ製法で作られているのに、コストパフォーマンスが抜群に素晴らしい。近場の酒屋さんやスーパーにも置いてあって、比較的手に入りやすいのも魅力です。

[左]マンズ 甲州酵母の泡(やや辛口)[右]フェッラーリ ブリュット[左]マンズ 甲州酵母の泡(やや辛口)[右]フェッラーリ ブリュット

日本ワインの中から選ぶなら、シャルマ方式で製造されている、「マンズ 甲州 酵母の泡」がイチオシです。甲州という日本らしい品種のブドウを使っているのですが、そのブドウの魅力を生かしながらきれいに発酵させています。もちろん和食にも合いますよ。

プレゼントするなら、シャンパーニュももちろん喜ばれると思いますが、ちょっと変わったところでいうとイタリアの「フェッラーリ」がおすすめ。イタリアの大統領官邸や、国外のイタリア大使館の公式晩餐会の食卓でもサーヴされています。ちなみに車のフェラーリとは全く関係ありません。

天使ががぶ飲みする美味しさをぜひ家飲みでお楽しみください。

ご紹介した商品

大人のたしなみ手帳TOPへ戻る

ページトップへ
ポール・ジロー スパークリング グレープ ジュース2018 750ml
ヴィノ デラ パーチェ 2012 750ml
季の美 オールドトムジン 45°700ml
ボジョレー・ヌーボー2018
セット商品ご用意しました!オリジナル商品販売中
ワインソムリエがご案内。無料コンシェルジュサービスはこちら